« 鍵山 正和 選手 | トップページ | 佐藤 有香 選手 »

伊藤 みどり 選手

伊藤みどり(いとう みどり)

伊藤みどり(いとう みどり、1969年8月13日 - )は、元女子フィギュアスケート選手女子シングル)。愛知県名古屋市出身。東海女子高等学校(現、東海学園高等学校)、東海学園女子短期大学卒業。身長145㎝。 アルベールビルオリンピックの女子フィギュアスケート銀メダリスト。1989年世界フィギュアスケート選手権優勝。

ジャンプの伊藤として世界的に名前が知られ、全日本選手権8連覇、女子選手として世界で初めて公式戦でトリプルアクセル(3回転半)を成功させるなど、女子フィギュアスケート界に数々の金字塔を打ち立てた。

1989年、「もっとも高得点をとったフィギュアスケーター」としてギネスブックに掲載。2004年3月25日、日本人初のフィギュアスケート殿堂入り。2007年3月22日、開催中の世界選手権の会場で国際殿堂入りの表彰式が行われた。

伊藤みどりトリプルアクセルを跳ぼうとした当時、女子選手はダブルアクセル(二回転半)が限界で、男子選手でも世界のトップクラスの数名しかトリプルアクセル(三回転半)を競技会で使うことは無かった。その理由は、失敗の危険性が高かったからである。「表現力不足」を指摘された伊藤は、「技術力」によって点数を補うべく、トリプルアクセルの成功にかけた。80年代半ばに一旦完成をみるも、競技会では成功せず、やがて成長期を迎えたことで怪我のリスクを考え練習を中断。カルガリー五輪後の1988年5月、練習を再開。競技会で初めてトリプルアクセルに成功したのは、同年10月に地元名古屋で開催された愛知県選手権だった。そして、翌年の世界フィギュア選手権で成功させると、世界中の女子選手は、伊藤の独走を抑えるため、トリプルアクセルに挑むようになる。しかし、1992年のアルベールビルオリンピックまでにトリプルアクセルを成功させた女子選手は、伊藤とトーニャ・ハーディングの二人だけだった。

伊藤みどりは、アルベールビル五輪でトリプルアクセルを成功させたことで、女子フィギュアの歴史を塗り替えた。それから十数年を経た現在でも、女子選手でトリプルアクセルを成功させた選手は数えるほどしかいない。こうしてトリプルアクセルは、伊藤みどりというスケーターを象徴する技となった。

伊藤みどり 関連サイト

HIGH BEAM SMILE-Midori Ito FAN-
伊藤みどりさんのファンによる個人的なブログです。のろのろと工事中。 ... 管理人が趣味で集めている伊藤みどりさんの動画や、プログラム感想などを書いていこうと思います。 ひっそりまったり楽しんで作っています。 *このブログはどんなブログ? ...
フィギュアスケート 伊藤みどり - Yahoo!知恵袋
解決済み, フィギュアスケート 伊藤みどり フィギュアスケート 伊藤みどり 伊藤みどりのオリンピックでの演技が見てみたいです。 ... 2ちゃんねるのスケート板に「伊藤みどりファン」のスレがあって、動画がたくさん見られるようです。 ...

伊藤みどり 関連キーワード

|

« 鍵山 正和 選手 | トップページ | 佐藤 有香 選手 »

日本の女子フィギュアスケート選手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404648/6760512

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤 みどり 選手:

« 鍵山 正和 選手 | トップページ | 佐藤 有香 選手 »